スポンサーリンク

[趣味]サイクリングで必ず用意したい持ち物

スコットのロードバイクと景色 自転車

こんにちは。ジイタです。

皆さんが普段ママチャリで走られる時、必ず装備する物や持っていく物ってありますか?
サイクリングに行くときは

  • 安全に
  • 快適に
  • トラブル対応

のために、
これから紹介するアイテムが必需品なります。

これらのアイテムを揃えて楽しい自転車ライフを送ってください!

必需品

スポーツバイクで走る場合、必ず用意して欲しい物は

  • ヘルメット
  • ライト(フロント,リア)
  • ドリンクボトル/ボトルゲージ
  • パンク修理キット

です。

ヘルメット

安全のために必ず装着してほしいアイテムです!
オートバイクではヘルメットの装着は法律で決まっていますので当然のことですが、残念ながら自転車でヘルメットを装着される方はまだまだ少ないです。
しかし、万が一の時に頭部を守ってくれるアイテムなので最初は恥ずかしいかもしれませんが装着するようにしましょう!

私が使用しているヘルメットはOGKカブト AERO-R1を使用しています。
このヘルメットはシールドをつけることが可能でメガネ族の私でもサングラスなしで気楽に走りに行けます!
また、雨の日は雨粒が顔にヒットするのをある程防いでくれるので雨の中走る時はサングラスの時より快適というメリットがあります。(主に雨の通勤で活躍!)

created by Rinker
¥22,770 (2021/12/03 01:22:27時点 楽天市場調べ-詳細)



[余談] 数名の知人も自転車事故で転倒に頭を打ってますがヘルメットのおかげで軽傷でした。
    割れていたヘルメットを見るとこれが頭部だと思うと恐ろしいです。。。

友人が事故した時のヘルメット

ライト(フロント,リア)

サイクリングに行くと意外と予定通りに進まないこともあり、日が落ちる時刻に帰宅することもあります。そのため、例え明るい時間帯に帰宅する場合でもライト(フロント,リア)は必需品です。
また、トンネルを通る時もライトの点灯が必要なるので日頃から装備しておくと良いでしょう。

私はライトは「キャットアイ(CAT EYE)」,「Olight(オーライト)」の製品を好んで使用していますが明るい製品であれば他メーカでもOKだと考えています。

ちなみに使用しているライトは以下の通りです。
フロント:日中用 キャットアイ(CAT EYE) URBAN HL-EL145
      夜間用 キャットアイ(CAT EYE) VOLT800 HL-EL471RC
Olight(オーライト) RN1500
リア:キャットアイ(CAT EYE) TIGHT TL-LD180-R

フロントライトを日中/夜間用で分けている理由ですが私は基本的に日中でも車からなどの視認性をあげるためにフロント/リアを点灯(点滅)させています。
そのため、日中は点灯時間が長いモデルを利用し、夜間走行時には明るいライトで走行するようにしています。(日中に利用していて夜間ライド中にライトが切れたということがあったので・・・)

また、リアライトはトンネルなどに入る時に点灯させるために停まるのが面倒なため、ライド中つけっぱなしにするために点灯時間が長い物を使用しています。

とにかく、暗い中で目立つ明るさを持ったライトを使用して自身がいることを車などにアピールしましょう!

ドリンクボトル/ボトルゲージ

自転車で走っていると思っている以上に身体の水分が失われています。
そのため、こまめな水分補給ができるようにドリンクボトル/ボトルゲージは装着して
スポーツドリンクや麦茶などを何時でも飲めるようにしましょう!

走っているとコンビニやお店に寄ることがあるかと思います。 
その時は愛車を守るために必ず施錠するようにしましょう!

悲しいことに近年の自転車人気なのか盗難が多くなっているようです。 
SNSでも盗難被害の通知をよく見ます。

どんな鍵がいいのかと相談を受けますがなかなか難しい問題で、

  • 頑丈で盗難されにくそうな鍵:重くサイクリング中に運ぶのは困難・・・
  • 軽く携帯性に優れた鍵:ワイヤーカッターなどで簡単に切れてしまい盗難対策としては・・・

と言ったデメリットを考慮して使い分けが必要です。

私はサイクリングの時は自転車から離れる時間を少なく、店から見える位置に駐輪するようにして
どちらかと言えば「軽く携帯性に優れた鍵」を利用しています。

パンク修理キット

初心者の方にはパンク修理キットを持って行っても「自分では出来ないから不要だよ。」って方もおられるかもしれません。

もちろん、ご自身でパンク修理が行えるようになるのが一番です!
しかし。最低限交換チューブなどは携帯しておけば、通りかかったサイクリストの方に声をかければ大半の方はパンク修理を手伝ってくれると思います。

特に最近ではタイヤサイズが幅広くなり対応するチューブのラインナップが増えており、必ずしも皆が対応するチューブを持っているとは限りません。

例:700×23-26C,28~32Cなどタイヤ幅によって使用できるチューブが異なります。
  (高価なチューブでは4000円とかする物も・・・)

[余談]知人でパンク修理が出来ないという理由でパンク修理キットを持たず、
   約20kmの距離を半日ほどかけて自転車を押して帰ったそうです。

[パンク修理キット(クリンチャーの場合)]
・交換チューブ
・携帯空気入れ
・タイヤレバー

まとめ

意外と必要なものがあると思われたかもしれませんね。
しかし、安全,快適なライドには以上のアイテムが最低限必要だと私は考えてます。
皆さんのライドに必需品などがあれば教えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました